建築家WEB
建築家ポータルサイト
建築家WEB
38,060view
藤原・室 建築設計事務所
128view
南千里の家
大阪の北摂地域の住宅街。
段差のある細長い土地に建つ住まいです。
建築主の希望は、職業が和食の料理人ということもあり、和の仕上げ素材を多く使いたいという希望でした。
敷地に少し段差があることを生かして、目線の変化により、多様な広がりが生まれる空間を考えました。
アプローチは右手に植栽を配置。飛び石に導かれて、宙に浮いた建物に入り込んだ階段で玄関まで上がっていきます。
1階は敷地境界に沿って、壁面後退1.5メートル部分に細長い庭を設けています。
それを1階のLDKから眺められるようにすることで、限られたスペースの中でありながらも、広がりや多様な見え方が出来るように考えています。
リビングはゲストをもてなす場としており、1階の少し低いリビングのソファーに座ると、ブリッジの下方に庭が広がります。庭は流れをイメージした造園となっており、室内から見ると遠くと繋がって見えるようにしています。
ダイニングキッチンはプライベートエリアとし、リビングとダイニングキッチンの間には2つの小さな中庭を設けています。
庭上のブリッジになった廊下は散策道としてイメージ。ブリッジから庭や空を見ながら、2階の各個室へと繋がっていきます。
3つの小さな庭により、奥行きや広がりを感じさせる住まいとなっています。
Data

一般住宅設計 | 藤原慎太郎/室喜夫

種別 | 新築

構造 | 木造

予算 |

建築家WEB TOP
FEATURE
ANNOUNCE
WORK
ARCHITECT
OFFICE
BOOK
CONTACT
建築家WEB TOP