建築家WEB
建築家ポータルサイト
建築家WEB
38,058view
藤原・室 建築設計事務所
136view
平野の家
場所は大阪市内の住宅地でした。建売住宅などが建てられるために区画割りされた一画をクライアントが購入され、計画が始まりました。

購入された区画は旗竿敷地でしたが、竿部分の幅が3メートルとることが可能となり、少し余裕がありました。

その3メートルの幅の竿部分の敷地を生かそうと思い、竿部分にも住宅部分が入り込んだプランを考えてみたいと思っていました。

クライアントご家族は5人家族で、小さいながらも個室が作れて、住宅における基本的な用途はありながらも、面白さや、独自性のある家の提案を要望されていました。

計画地は、ほぼ四周が建物に囲まれ、外壁面の開口部から景色を望むということは難しい敷地でした。しかし空は見上げると眺めることができるので、天窓を設けてその天窓からの光が家の中心となる構成を考えました。

プランは家の中に入りながらも、どこか外にいるような、自然な地形のようなものがだんだんと積み重なっている感じをイメージしていました。そういった外のようなイメージにより解放感が得られるのではと考えていました。

既成の家感を崩すべく様々な段差が出来上がり、なんとなく地形に座るなどして過ごす場所があるような提案が出来上がりました。

クライアントと打合せを重ね、地形的な決まり切らない形状ですが図面化し、最終的に現実として現れました。
そのようにして出来上がったこともあり、今後まだ思ってもいない過ごす場所が見つけられるのではないか、という空間づくりになったかと思っています。
Data

一般住宅設計 | 藤原慎太郎/室喜夫

種別 | 新築

構造 | 木造

予算 |

建築家WEB TOP
FEATURE
ANNOUNCE
WORK
ARCHITECT
OFFICE
BOOK
CONTACT
建築家WEB TOP