建築家WEB
建築家ポータルサイト
建築家WEB
13,787view
unit-H 中村高淑建築設計事務所
28view
はるひ野の家
[所在地]
川崎市麻生区

[敷地面積]
246.05m²(74.4坪)

[延床面積]
156.97m²(47.4坪)

[竣工]
2014年07月

[作品解説]
中層マンションに囲まれた畑の残る区画整理された住宅地、その一角に位置す る。 擁壁によって道路面から1m~2mの高低差があるものの、東側南側西側の三 方に接道があり、いい意味でも悪い意味でも見通しがよい。特に西側の畑の向 こうの中層マンションに向けて視界が開けている。

ここにアウトドア好きの家族より、自然を感じる家にしたい、との要望を受け た。立地条件から、開放感を得ながらもプラバシーにも配慮した家にすべく、 次の5つのデッキやテラスを設け、これらを外部とのバッファゾーンとするこ とを試みた。

1 玄関アプローチ部に設けたテラス(下部は駐輪場)
2 LDK南側に隣接したメインのBBQテラス(ウッドデッキ)
3 LDK西側の庭に設けた縁側的なウッドデッキ
4 各個室南側に隣接したバルコニー
5 北側バスルームに面したバスコート兼洗濯物干場

1はアプローチ階段を昇り、玄関の内側と外側の接続の場として家族や来客、 荷物の出し入れや溜まりのスペースとしてだけでなく、心理的な内外の境界と しての効果にも期待した。

2、3は生け垣などの植栽で、適度に視線を遮りながらも緑に囲まれた庭を楽 しむことができる。また、BBQテラスは午後からは軒の庇が延び、日陰をつく り、室内のダイニングやキッチンと連続しながら、日常的にBBQやアウトドア での食事を楽しむことができる。

4、5については、2階にあり個室やバスルームに面するため、それぞれ腰壁、 2.2mの目隠し壁によってプライバシーを守りながら光や風、開放感といった外 部的な要素を室内に取り込む。バスコートは眺めるだけでは無く、風呂上がり の一杯も楽しみむことができる。

当面は育ち盛りの子ども達がのびのび過ごすことができるようにと考えながら も、決して子ども中心ではなく、永きに渡って大人が過ごすための家として計 画した。
Data

一般住宅設計 | 中村 高淑

種別 | 新築

構造 | 木造

予算 |

建築家WEB TOP
FEATURE
ANNOUNCE
WORK
ARCHITECT
OFFICE
BOOK
CONTACT
建築家WEB TOP