建築家WEB
建築家ポータルサイト
建築家WEB
13,861view
unit-H 中村高淑建築設計事務所
15view
上尾の家
[所在地]
埼玉県上尾市

[敷地面積]
115.69m2 (35.00坪)

[延床面積]
97.62m2 (29.53坪)

[竣工]
2008年08月

[作品解説]
1階LDKの吹抜けが核となって、そこを中心に2階の各個室へとつながるプラン。
都心ほどの密度では無いものの、南側隣地にはアパートが建っているため冬期は1階リビングだと陽当たりが悪い。そこで、この吹抜け上部のハイサイドライトからプラバシーを確保しつつ、LDKへとサンサンと樋の光を採り込むことで解決しました。
夏期は軒の出によって南中時の直射光は室内に入って来ないうえに、吹抜けを利用した空気の重力換気によるドラフトで風の無い日でも通風が起きる仕掛けとなっていて、夏場もほとんどクーラーを使わずにすごせます。
床の無垢フローリングだけでなく、2階床を支える構造材である梁をあらわしにしたり、屋根の軒仕上げと連続した無垢材を室内天井にまでつなげた2階天井仕上げにすることで、木造ならではの木の温もりが感じられる仕上げになっています。階段は親柱のない軽やかなスチールで造り、木部との対比で存在感は残しながら、LDKへの圧迫感を軽減。
玄関と繋がったシューズクローク兼パントリーとキッチン、そして壁面収納とトイレ・洗面洗濯室・バスルームといった水廻りが同じフロアで一直線状に並び、家事動線がとてもスムース。
シューズクロークを兼ねたパントリーやオリジナルのタイル仕上げのキッチン、書斎(将来寝室と間仕切り予定)などなど、コストを抑えつつも、こだわりと憧れを実現しました。
シナベニアという廉価な材料を熟練の大工が留め仕上げに加工することで、とてもローコストな家とは思えないテイスト仕上がっています。これ、実は難易度の高い仕事なのです。
難しい仕事も少しは入れて大工も自慢出来る家にして欲しいし、また、工務店に対しては「これくらいの腕のある職人を揃えくれよ」というメッセージでもあります。若い2代目監督がこの期待に応えてくれました。
床のワックス掛けや室内外塗装の一部、家庭菜園の花壇などは施主自ら施工し、趣味も兼ねてのコストダウン。子どもの遊び道具、写真の木馬はおじいさんの手作りです。愛着をもって家造りを楽しんでいたのが印象的です。
Data

一般住宅設計 | 中村 高淑

種別 | 新築

構造 | 木造

予算 |

建築家WEB TOP
FEATURE
ANNOUNCE
WORK
ARCHITECT
OFFICE
BOOK
CONTACT
建築家WEB TOP