建築家WEB
建築家ポータルサイト
建築家WEB
57,750view
一級建築士事務所アトリエm
99view
中庭のある無垢な珪藻土の家 - 不自然でない -
 大阪市内の静かな住宅街。敷地は角地で、特徴のある形をしている。

2015年の夏から、候補になった敷地はいくつかあったが、エリア、環境、価格と、全ての条件を満たすのは簡単ではない。

ようやく見つかったこの敷地は約110㎡。この位の広さがあれば、駐車スペースと中庭が確保できる。
 
南の中庭から光と風をとりこみ、西面にはエントランス、2階はクローゼットとし西日対策で閉じた。敷地径所に沿って、最大限のボリュームを確保しに行く過程で、特徴ある外観となった。

各個室は2階とし、中庭を囲むようにLDK、浴室、和室を配置している。キッチンと繋がるこの2畳ほどの小さな和室は実に多機能である。

洗濯物を畳む、子供の昼寝、雨の日は物干しにもなる。ここで畳んだ衣類を壁面に収納すると、反対側の洗面、脱衣からとれるようにもなっている。

キッチン後ろにある家事スペースも含めて、仕事、家事、子育てに奮闘する奥さんと練りに練った配置となっている。

内部壁はほぼ珪藻土。床はヒノキの無垢材となっている。計画の当初より、ご主人から「不自然でない」というテーマを貰っていた。

「例えばカロリーゼロって不自然じゃないですか」と。言われてみればその通りだ。

美味しい。だけど実質食べていないことになっている。これが本当なら、ある意味ホラーともファンタジーとも言える。

しかし、家は幻想ではなく実物である。自然で、素直で、無垢な中庭のある家。

共働きで子供さんは就学前。人生の中で最も忙しい時期に、クライアントと一緒に直球ど真ん中で勝負したつもりだ。

それらに応えられたかどうかは、5年後、10年後を待たねばならない。しかし、1年点検の際は、「とっても快適」と言って頂いたのだ。

■クライアントの声■ 

 家の中を見渡せば、例えば塗り壁の模様一つ通しても、人の手を介して造られた形跡が目に飛び込んで来ます。その度に施工会社の方や現場で見かけた職人さん達の顔が思い浮かびます。

 自分達の要望が細部にまで宿っている家、そして人の手の温もりを感じる家に暮らす幸せを毎日噛み締めています。
Data

一般住宅設計 | 守谷昌紀

種別 | 新築

構造 | 木造

予算 | 2775万円

建築家WEB TOP
FEATURE
ANNOUNCE
WORK
ARCHITECT
OFFICE
BOOK
CONTACT
Site Map
建築家WEB TOP