建築家WEB
建築家ポータルサイト
建築家WEB
53,964view
一級建築士事務所アトリエm
262view
さかたファミリー歯科クリニック
さかたファミリー歯科クリニック
-庇にスポットライトを-

この医院のコンセプトはその名が全てを表している。

「家族で来院して頂き、家族として接するクリニック」

医療とは最もシンプルな社会貢献の1つである。ただそこに、どれだけ心を込めるかで、全く別次元の行為となる。

「家族のように」ではなく、「家族として」なのだ。

クライアントは、全く縁のない地域に土地をみつけ開業する。それゆえ、街のアイコンとなるような建築が求められる。

アイコンはイコンを語源とし、ギリシャ語でイメージを指す。家族として接するには、まずは思い出してもらい、足を運んで貰わなくてはならない。
 
 日本における木造建築は、高温多湿の環境から建物を守るため、深い軒と庇を必要とした。その中でも、庇は主従の関係でいえば「従」の存在である。その庇を、「主」の存在にしてみたいと考えた。

建物全体に設けた4段の庇は、外壁へ当たる直射を抑え、夏のエネルギー負荷をを抑制してくれる。木陰が連続して4層あると思って貰えれば分かりやすいだろうか。

当然ながら雨から建物を守る役割も果たす。それらは、最終的に「人や地球に優しい」へと繋がる。人や地球を思う物語を加えてくれるのではと考えた。

「庇」は、自生する木にとっての「葉」の役割に似ている。このクリニックを一本の大木と見立てれば、アルミの葉のような存在なのだ。

最も強い日差しから幹を守る葉が、現場の最前線で働く人々と重なってみえる。高度情報化社会において、こういった人達を、ないがしろにしてはいないだろうか。これが、主従を逆転させてみたいと思った動機でもあるのだ。

北側の道路からアプローチすると、2層吹抜けのエントランスがある。北側開口なので常に安定した明るさを確保し、天窓くっきりとした光がおちてくる。

広い通路は待合も兼ねる空間で、一気に奥まで見通せる。また、診療室に入ると医療動線が完全に分離されており、スタッフがベストのパフォーマンスを発揮できるような配置とした。

医院の目的はただひとつ。長く地域の皆さんに愛して貰うことだ。

建築は夢や希望を形にしたものであって欲しいと思う。院長、スタッフの夢が地域の人々に届くことを心から願っている。
Data

病院設計 | 守谷昌紀

種別 | 新築

構造 | 木造

予算 |

建築家WEB TOP
FEATURE
ANNOUNCE
WORK
ARCHITECT
OFFICE
BOOK
CONTACT
Site Map
建築家WEB TOP