建築家WEB
建築家ポータルサイト
建築家WEB
67,940view
一級建築士事務所アトリエm
1,908view
ドタバタ広場のある家
[ 所在地 ]
大阪府
[ ロケーション ]
郊外
[ 敷地面積 ]
240.9㎡
[ 延床面積 ]
162.43㎡
[ 竣工年 ]
2009年11月
[ 施工者 ]
長棟建設株式会社
[ 作品解説 ]
敷地は大阪府の中南部に位置する。古くから河内と大和をつなぐ街道の要所として栄え、現在も多くの古墳が残っている。敷地は1970年頃に開発された静かな住宅地にあった。
ご主人は大手ゼネコンに勤め、奥さん、小学生の姉弟の4人家族。当初は大阪市内のマンションに暮らしていた。今回の新築にあたって、思う存分ドタバタ出来る家を、ということになった。
 敷地は南面し、日当たりは非常に良い。それを損なわないよう、建物は出来る限り北に配置し、余白をドタバタ広場と名付けた。
 1階はリビング・ダイニングを中心に、東に水廻り、北にキッチン、西にピアノ室と和室を配置。上部は吹抜とした。リビング奥の階段を上がると、4mの机を備えたスタディーコーナーに出る。動線の途中に淀みを設ける事で、ふと立ち止まれる空間になればと考えた。
 吹抜側の腰壁には、ランダムな開口をあける。ご主人のアイデアだが、思わずのぞきたくなるようなものをイメージした。最も現在は、ボール遊びの格好の標的となっているのだが。
子供部屋はクローゼットでつながれている。映画「ET」の冒頭に、少年とETが隠れていた場所からイメージしたものだ。上部ロフトも子供部屋からハシゴで登れる。吹抜へ向かって顔を出せば、一番高い場所から、家全体を見下ろすことができる。収納は、シューズクローゼット、キッチン横の階段下、2階の納戸と、各エリアに容量のあるものを備えた。
ピアノ室、スタディーコーナー、ロフト、ドタバタ広場。これらは、暮らしに何かを付加したい、という思いから生まれたものだ。必要以上に恣意的なものは不要だが、何か行動を起こしたくなる仕掛けは積極的に取り組みたいと思う。家はいつでも、家族の幸せの為にあるのだから。
Data

一般住宅設計 | 守谷昌紀

種別 | 新築

構造 | 木造

予算 | 3000万円台

建築家WEB TOP
FEATURE
ANNOUNCE
WORK
ARCHITECT
OFFICE
BOOK
CONTACT
建築家WEB TOP