建築家WEB
建築家ポータルサイト
建築家WEB
6,362view
一級建築士事務所 こより
32view
船場裏路地
昆布の製造・販売の老舗である株式会社小倉屋山本が、創業の地である大阪の中心地、心斎橋・南船場に残された再建築不可の古民家を、食を通じた新たなコミュニティを生む商業施設へと生まれ変わらせ、同時に街と人をつなげる接点として役割を担う場をつくるプロジェクトである。
これらの2つを具現化するために過去と現在の要素が交錯する空間という概念でこの施設の構成をしている。

交通量の多い道路に接する細く長く続く石畳の路地の先は、閉鎖的な顔をした建物と入り口がある。勇気を出してドアを開けると明治・大正ロマンを感じさせるしっとりとした色気のある空間が待ち構えている。

古く痛んだ古民家を、旧来からある技法・仕上げ材を現代の感性で編集し直し、大阪らしい建築物として蘇らせる。

新たな大人の溜まり場を創造する場となり、ここで生まれるコミュニティは、街の資産になるであろう。

用途:商業施設
敷地:大阪府大阪市中央区
竣工:2021.12
施主:株式会社小倉屋山本
企画:株式会社カンバス
リーシング:株式会社RETOWN
施工:株式会社アウレオ
和紙:ハタノワタル
照明:ModuleX
外構:楓景
写真:臼井淳一
Data

店舗設計 | 中村 昌彦

種別 | リフォーム・リノベーション

構造 | 木造

予算 |

建築家WEB TOP
FEATURE
ANNOUNCE
WORK
ARCHITECT
OFFICE
BOOK
CONTACT
建築家WEB TOP