建築家WEB
建築家ポータルサイト
建築家WEB
9,525view
田中洋平建築設計事務所
22view
高台の家
建築主から手書きの図面を渡されることがある。
1,2度はあるとしても何度も渡されることは少ない。
経験上、そのやり取りは設計者側からすると不安の大きいやり取りになる。
当たり前だが、意匠、構造、設備、敷地の周辺環境、建築基準法、自治体の条例、
使い勝手、納まり、配色のバランス、素材のなじみやすい組み合わせ、等を考慮しての
プランであることはない。
だが、裏返せば言葉には表せないその強い思い入れを
なんとか伝えたいということかもしれない。

最初にお会いして完成まで約2年の時間がかかった。
建築主が持ってこられる図面をしっかりと理解して、
手を変え品を変え、本人も気付いていない内容を言語化したり、図面化したり。
毎回、打合せ時間が3,4時間が当たり前で
プラン打合せだけで1年近く経っていたように思う。
着工後もひたすら打合せを重ねた。
振り返れば建築主はひたすら自分の理想の要望を。
設計者はそれを踏まえつつ、構造、使い勝手、意匠性等を考慮した提案を。
お互いに苦闘の時間を過ごしたが、
それぞれが精一杯に自身のすべきことを成したからなのか、
最後の完成検査の時にはこの約2年とは真逆のいたって穏やかな時間が流れる検査だった。
建物を引渡した日の帰り道、
ふと振り返ると、坂の上に聳え立つように高台の家が見える。
私なりに筋を通して設計監理を行ったが、
結果、良い仕事ができたかなと思いながら帰路に着いた。
Data

一般住宅設計 | 田中洋平

種別 | 新築

構造 | 木造

予算 |

建築家WEB TOP
FEATURE
ANNOUNCE
WORK
ARCHITECT
OFFICE
BOOK
CONTACT
建築家WEB TOP