建築家WEB
建築家ポータルサイト
建築家WEB
6,626view
岩瀬隆広建築設計
1,124view
八代の住処(サブ名:H-court)
[ 所在地 ]   熊本県八代市
[ ロケーション ]  住宅密集地
[ 敷地面積 ]    223.6㎡ 約67.7坪
[ 延床面積 ]    131.1㎡ 約40坪
[ 竣工年 ]     2007年 5月   
[ 作品解説 ]
敷地は八代市内の閑静な住宅地にあり、北南東2階建住宅に囲まれ、西は袋小路の突当りの道路があります。そのことは「南に建つ住宅による冬の日照確保の難しさ、住宅密集地による閉塞感、プライベート確保の仕方、夏の西日よる暑さ、北側隣家への日照の配慮・・・。」など条件が良いとはいい難い土地でした。

クライアントは、一番の希望として「プライベートを確保しながらも開放的で光と風を感じられる明るい住処」がほしいとのこと。

そんな土地に建つ家は、プライベートを確保されながら光・風・広がりをもつ空間にするため、オープンコート・プライベートコート・2つの庭などの位置・ボリュームを先に考え、この土地のデメリットを再構築することからスタートしました。

そのコートや庭には、「大開口」「大開口の窓」を通してそれぞれの役割があります。

例えば、、
オープンコートは風の入口や親しい人達と集うえる縁側的な場、プライベートコートは日照やプライベート・広がりの確保、2つの庭は風の出口や視線の抜けによる広がりの確保などの役割をもたせています。

また広がりは、「大開口」「大開口の窓」を通して
「空間的広がり」と「視覚的広がり」から計画しました。

「空間的広がり」は横の広がりである2つのコートや2つの庭、ルーフテラスと、縦の広がりである吹抜けなどにより、床面積以上の広がりができ、その中で多目的空間利用度を向上させました。

「視覚的広がり」は、コートや庭への視線の抜けである。さらに周辺の住宅密集地にある狭間から田園風景・桜並木・山並みが見えることから、その風景を内部空間に引込むため、適切な開口の位置、大きさを設け、更なる視線の抜けによる広がりを確保しています。

その他夏の西日対策として、西側外壁には開口部を最小限に抑えています。又外壁のせり出しにより空気層が増し断熱効果を向上させています。
Data

一般住宅設計 | 岩瀬 隆広

種別 | 新築

構造 | 木造

予算 | 3000万円

建築家WEB TOP
FEATURE
ANNOUNCE
WORK
ARCHITECT
OFFICE
BOOK
CONTACT
Site Map
建築家WEB TOP