建築家WEB
建築家ポータルサイト
建築家WEB
18,738view
富谷洋介建築設計
245view
Unison
「家を建てるのが夢だったなんです」というクライアント様ご家族の依頼を頂き、土地探しからお手伝いをさせて頂いた住宅の計画です。

一年以上をかけ探した敷地は大きな公園が近い閑静な住宅街、来客が多いと考えられる事から駐車スペースとして数台を確保できる広い敷地に決定しました。

プランの条件としてまず特徴的なのは、ご趣味のダンスルームをとして防音室を備えるという事でした。この室はオーディオルームでもあり、ホームシアターやミニバー、ダーツなどを楽しむ趣味室でもあります。

音を出す用途があるこの室は外部への開口部を最低限で、壁が防音化され、またコンクリート床が必要でありました。周辺近隣環境から検討し、敷地の北西側に配し、その周りを防音層のように囲み南・東面して採光するLDKを配しました。

庭を囲むようにL型のボリュームとし、南面させたリビングは採光角度の検討から壁の1面を斜行させ台形平面としました。

生活スタイルからリビングの一角に2台分のパソコンデスクが必要でありましたが、機器周りは配線などでごちゃ付きがちなので、階段踊り場を拡張した空間を腰壁で目隠しすることで、リビングと隣接しつつも目線を変え見え隠れとなったカウンタースペースを得ることが出来ました。テレビ上部のデッドスペースを利用して空間を活用しています。

個室群・水回りは2階となっており、ひし形の吹き抜けを巡るようスキップフロアを繋ぐ導線が螺旋状に階上へと上がります。

途中ホールには「セカンドリビング」と名付けた小さな小上がりを設けています。

ごろ寝でも、子供の遊び場でも、書斎のように使っても、来客の寝室にも、平時は物干しスペースやアイロンスペースとしても使えるというユーティリティスペースとなります。

小さな用途のないスペースは、名前のある室を設けるほどではないが、生活の中ではみ出した行動を補うゆとりを与えてくれます。

リビングで誰かがテレビを見て少し騒がしく使っていてもここで落ち着いて小説を読むこともできたり、来客時は子供がここでおもちゃを広げて過ごしてもよかったり、空間は螺旋状に一つながりだけれど直接は見えず、音や気配を互いに伝えるという程よい距離感を生み出しています。

プライベートを楽しむ空間と、住宅として必要な機能を住まいの中で共存させ、公・私ともに豊かで充実したライフスタイルを送るための家族の拠点として、ご趣味の用語でもあり、「調和」を意味するUnisonと名付けました。

写真:酒井 広司(グレイトーンフォトグラフス)

※その他の写真はホームページよりご覧ください。
Data

一般住宅設計 | 富谷洋介

種別 | 新築

構造 | 木造

予算 |

建築家WEB TOP
FEATURE
ANNOUNCE
WORK
ARCHITECT
OFFICE
BOOK
CONTACT
Site Map
建築家WEB TOP