建築家WEB
建築家ポータルサイト
建築家WEB
14,061view
松浪光倫建築計画室
1,572view
片山集合住宅
[ 作品解説 ]
「繰り返しパターンの窓に同じ間取り」 アパート/マンションだからと諦められていた部分がデザインの大きな課題となっています。その中でコスト的に厳しい小さな集合住宅で挑戦し、そして生み出されたのがこの集合住宅です。
「片山集合住宅」は全10戸の小さな集合住宅。基本はフラットプランだが一部に2層の天井高を持つメゾネット住戸が積み木細工のように組み込まれています。その様子は南側正面のファサードを見れば一目瞭然。断面のカタチがそのままファサードのカタチに反映されています。つまり、住戸内の生活が建物のファサードをデザインすることになり、均質な住宅が建ち並ぶこの片山町の風景に暮らしの賑やかさをにじませる意図が反映されたものです。そして、外部仕上に黒と白という明確な色を選択したのも、グレーかベージュ、あるいはレンガ色の茫洋としてつかみどころのない周辺街区に対して単純な箱であることを強い存在感と共に示そうとしたためです。

2007年 グッドデザイン賞 ( 日本産業デザイン振興会 )
2008年 JCDデザインアワード2008 BEST100 (日本商環境設計家協会)
Data

設計 | 松浪 光倫

種別 |

構造 |

予算 |

建築家WEB TOP
FEATURE
ANNOUNCE
WORK
ARCHITECT
OFFICE
BOOK
CONTACT
建築家WEB TOP