建築家WEB
建築家ポータルサイト
建築家WEB
11,580view
有限会社 木鶏建築研究所
1,180view
M-HOUSE (風穴のある家)
[ 作品解説 ]
M-HOUSEは、現在横浜市在住の40代の夫婦(+子供1)が、数年後に故郷長崎にUターンし、両親と同居するために計画された。計画地は長崎県諫早市郊外の海岸沿いの漁師町で、都市計画区域外の狭小道路(1.6m)に面した、隣家との隙間もほとんど無いような密集した住宅街の中にある。
この住宅は計画段階から完成まで、ほとんどのコミュニケーションをインターネット(メール)を活用して進められた。そのため計画当初から建て主の要望や質問はすべて1枚の表にまとめ、その表に順次追記する形で、お互いの考えやイメージのを共有を図った。
建て主の要望は、敷地北側の石垣(H≒3m)の補強あるいは解体新設、それに周辺の住宅街に埋没することの無いような外観デザイン、またモダンで高級感のある内装を求められた。 計画地には狭小道路1本しか隣接しておらず、重機等の搬入が困難なため、様々な施工が人力作業となったが、北側石垣に関しては、強度計算が困難であることとコスト、施工方法等を考慮し、既存石垣を撤去しコンクリート擁壁を新設した。外観のデザインはガルバ鋼板の角波縦張りを基調とし、一部木調サイディングを張り分けることで、都会的なシャープさと周辺環境との調和を考え、時代性と地域性の融合を目指したデザインとした。
内部空間のプランは、1階部分を両親の生活スペース及びリビングやダイニング、浴室等の3世代の共有スペースが配置されている。2階部分には主に建て主家族の部屋(寝室・子供室)と、客間が配置されている。敷地の東西部分は隣地の建物等でほとんど採光・通風が期待できないため、南面に面するリビングの一部を吹き抜けとし、その壁にハイサイドな開口部を設けたり、1階部分の庇を利用したライトシェルフによって採光を奥の空間へと誘導し、全室明るく開放的な空間が創造されている。また夏場にこの地方に吹く海風(南風)を室内に取り入れるべく、1階寝室の収納天井部分を利用して、風の通り道の「風穴」を創り、電動でのサッシ開閉による自然通風ができるように工夫してある。
インテリアのカラーデザインは「モダン」や「高級感」のイメージから、床・壁・天井を無彩色の白あるいはYR系の高明度、低彩度の色彩を基調とし、アクセントカラーとして、家具等でY、YR系の低明度、低彩度の色彩を用い高級感を演出している。
照明計画は、高齢者である両親の寝室を蛍光灯による全般照明とし、充分な照度を確保した他は、タスクアンビエントな計画を行うと同時に、部分的に間接照明を用いたことで、住宅に求められる「やすらぎ」や「憩い」の空間を創造している。


Data

設計 | 高橋 浩伸

種別 |

構造 |

予算 |

建築家WEB TOP
FEATURE
ANNOUNCE
WORK
ARCHITECT
OFFICE
BOOK
CONTACT
建築家WEB TOP