建築家WEB
建築家ポータルサイト
建築家WEB
58,203view
山本嘉寛建築設計事務所 yyaa
35view
木川の長屋|ビルの谷間で開放的に暮らす小さな家
[ 所在地 ]大阪市淀川区
[ 設計 ]山本嘉寛建築設計事務所yyaa
[ 撮影 ]山田圭司郎

大阪市淀川区。大きなマンションやオフィスビルと中小の戸建住宅・商店が建ち並び、交通至便な反面、日照やプライバシーの確保が難しい住環境です。お施主様は50代男性とそのお母様。戦前から続く長屋街が時代と共に分割・建替えられ、ビルの谷間に最後まで残った1戸がお施主様の住まいでした。それを解体して建て替える計画です。

設計にあたっては大きく2つの方向性が考えられました。1つは老後を見据えて敷地いっぱいの平屋を建て、トップライトから採光を取る案。もう1つは必要最小限の床面積に機能を詰め込んだ2階建てとして、敷地に出来る余白から採光を取る案です。各々の方向性を元に数案を検討し、最終的に後者を採用して設計を進めることになりました。

南北に細長い矩形敷地を2×4=8つに仕切って4帖半程度の親密な「間」をつくり、ガレージと玄関を兼ねる土間、母の寝間、親子の居間、キッチン、浴室、サニタリー、2つの広縁を、効率的な動線と通風・採光・プライバシーを考慮しながら割り当てます。それらは間口に合わせて設えた「戸 = 間戸」の開閉によって繋がり或いは切り離されながら親子の日常を支えます。

間戸の設えは中間領域やバッファーゾーンといった曖昧な余地を残さず、ある閾値を超えた瞬間にONとOFFが入れ替わる離散的なものです。室内外は透明性やシームレス性の獲得を目指して素材を統一することなく、あくまで機能的な必然性から適材適所で選択され、間戸を開け放った状態でも厳然と内部は内部、外部は外部であることを明示し続けています。そうやって生まれた古典的な「間」と「間戸」との関係性は、どこか長屋が持っていた空間の気積やつながり方を想起させます。

厳しい住環境の中、多様な設えが可能で通風・採光の取れた居住空間を獲得したいというお施主様のご要望に応えるうちに、かつての住まいが持っていた空間の作法に辿り着いたことは、お施主様の中にも染み込んだ、この地でたくさんの方々が営んできた長屋暮らしの記憶に少し触れることが出来たという事かもしれません。
Data

一般住宅設計 | 山本嘉寛

種別 | 新築

構造 | 木造

予算 |

建築家WEB TOP
FEATURE
ANNOUNCE
WORK
ARCHITECT
OFFICE
BOOK
CONTACT
建築家WEB TOP