建築家WEB
建築家ポータルサイト
建築家WEB
47,606view
山本嘉寛建築設計事務所 YYAA
46view
めもりの家|住まいと暮らしの今までとこれから
[ 所在地 ]奈良市
[ 敷地面積 ]59坪
[ 延床面積 ]54坪
[ 設計 ]山本嘉寛建築設計事務所
[ 施工 ]青山工務店
[ 撮影 ]笹倉洋平

奈良市菖蒲池。若いご夫婦とお子様たちのための古民家改修です。ご主人は幼少期をここで過ごした後、東京で暮らしておられましたが、仕事や子育ての環境を見直して奈良に戻り、空き家となっていた家を改修して住むことになりました。昭和初期の建物は今まで何度か増改築されているらしいという話でしたが、内装の大部分は新建材で覆われ、昔の記憶は曖昧で図面資料等もありません。ただ一部がスキップフロアやオーバーハングになったつくりには単純なリフォームではない雰囲気があり、床の間や欄間、軒裏の細やかな意匠、玄関や階段を建物中央に配置して廊下を巡らせた間取りに何となく旅館のような風情も感じられました。

本格的に設計に着手し、既存建物の実測調査や部分解体を進めると、壁や天井の中に隠れていた痕跡が次々と現れました。土間の炊事場と板間の小上がりをダイニングキッチンに改造した跡、濡れ縁をアルミサッシで室内化した跡、応接間を増築した跡、平屋の屋根を取り外して2階に子供部屋・納戸を建て増しした跡・・・。これらは工事の記録であると共に、かつて営まれていた温かい暮らしの記録でもあります。様々な過去の記録を明らかにして、それらと共に暮らし、これから始まる生活の記録が更に書き加えられていくような住まいの在り方が良いのではないかと思われました。

立派な設えの玄関は来客用にそのまま残して家族用の玄関を新設、居間はアイランドキッチンを巡る現代的な間取りに再編しながら階段をスケルトン化して和室を取り込みました。応接間はレトロな内装のまま造作家具でスモールオフィスに転用し、庭に増築された水周りは基礎だけ残して解体しウッドデッキを貼りました。古い柱梁は傷んだ部分を継ぎながら出来る限り再利用し、新たに加えた部材は古色に擬態せず素地色のまま用いています。新建材はできるだけ剥がして、木材、土壁、スチール等、暮らしの痕が残る素材を用いました。

菖蒲池は、関西の中高年層には遊園地でお馴染みですが、戦前には駅の南側に大きな温浴施設があり、旅館と民家が混在した華やかな街並みが形成されていたとのこと。そう言われれば確かに旅館の面影を残す民家がいくつか現存しており、この住宅もその名残の1つなのかもしれません。100年の街と家族の記憶を纏った建築が新たな時を刻み、これからも長く愛されることを願っています。
Data

一般住宅設計 | 山本嘉寛

種別 | リフォーム・リノベーション

構造 | 木造

予算 |

建築家WEB TOP
FEATURE
ANNOUNCE
WORK
ARCHITECT
OFFICE
BOOK
CONTACT
建築家WEB TOP