建築家WEB
建築家ポータルサイト
建築家WEB
76,576view
株式会社 ALTS DESIGN OFFICE
43view
岩倉の家
余白のある家

本計画は京都市左京区にある閑静な住宅街の一角にある敷地で既存の建物を取り壊し、新たに新築する計画です。
周囲には、低層の住宅が立ち並んでいます。

既存の建物も同計画と同じ3階建て住宅で、既存の3階部分からは周囲が開け、開放感のある景色を楽しむことができる敷地となっていました。
この開放的な景色を、楽しみ暮らすことのできる住宅を希望されたため、3階部分にリビングスペースを設ける計画としました。

敷地北面には山々が開け、南面の低層住宅街の奥には、夏に花火が見える風景となっています。
その景色を切り取るかのような開口部を設け、窓際にベンチをつくり、外との空間を繋げています。

北側の窓は出窓とし、キッチンスペースの一部として使用できるような計画としました。
キッチンやリビングスペースの一部が外と繋がることで、開放的で心地よい空間となっています。

今回のクライアントは20代で、今後の家族構成は未定でした。
また、自宅でリモートワークを行うので、居住空間のどこにいても心地よく仕事ができるスペースも確保する必要がありました。
このため、既存の住宅のように当初から個室をつくることはせず、将来の暮らしにあわせ可変的に部屋をつくれるような、余白がふんだんにある空間としました。

1Fは土間空間となっており、2Fまでの吹き抜け空間となっています。
現状は広場と外部が繋がる土間空間となっており、友人やペットと過ごす趣味の場と、ゆったりとリモートワークのできる空間となりました。
将来的には、暮らしに合わせて個室をつくったり、さまざまに変化することができる計画となっています。
敷地の条件や、クライアントの暮らしと一緒に変化していく建物は、人と建築が共に成長しつづける、暮らしに寄り添う建物となりました。
Data

一般住宅設計 | 水本純央

種別 | 新築

構造 | 木造

予算 | 3000~4000万円

建築家WEB TOP
FEATURE
ANNOUNCE
WORK
ARCHITECT
OFFICE
BOOK
CONTACT
建築家WEB TOP